20世紀末で使用期限の切れたAPX  その2

冬将軍は時々雪を降らせましたが当地は晴れ間もあったりして影響はなさそうです。
仙台から奥会津に向かった友人がいますが相当酷そうなので無事着いたかなぁ。

昨日はAPX100を見てもらいましたが、今夜は400の方の結果です。
カイツブリの沼で
沼の春
白とびがありますがこの天気で400使用ですから露出の選択肢が無いに等しい。
補正もしてみましたが意味無いよねと取りやめました。

農道の春
農道の春
ポールに書いてある字が読めるのですがリサイズすると判りませんね。
隣町ですが早々に除雪車を入れて農道を開けました。我が町と違います。

AGFAのパッケージ
AGFA.jpg
当時だと215円!手許のT-maxが5本パック1680円、アマゾン見たら4100円!!
モノクロを止めなさい!って言ってる様な価格ですね。
我家の在庫ある限りは続けますけど。

Fuji-GW690Ⅱ APX400(2000.01使用期限) T-max20℃/6分 中外マイフィクサー20℃4分

20世紀末で使用期限の切れたAPX

外出した女房が晴れてるけど風が冷たい!と言うので外出は取りやめ、現像作業をやりました。
表題のAGFA-APX(120)100と400です。結論から先に言えば使えます。
以前かなり古い125PXでもOKでしたから自身を持って処理しました。

先ずは100の方の結果
北美唄
雪面は飛んじゃいましたが雲が出たから良しとしましょう。


麦畑の融雪剤
融雪剤

AGFAのフィルムは自社製薬品の現像データしか記載が無いので常用しているT-max現像液では?ロジナールSPが近いだろうと推測して処理してみました。
まあ現像処理出来たからOKでしょう。

古いモノクロフィルムは常温保存された物でも使用に耐える!尤も我家へ来てからは冷蔵庫でした。(笑)

Fuji-GW690Ⅱ APX100(2000.01使用期限) T-max18℃/5分 中外マイフィクサー20℃4分


偶には中判も その2

美浦大橋からの撮影です。
確かこの日は札幌から千歳にかけて雪雲が入り大雪になった日です。

画面中央奥は江別方面
橋の上から
こちらは時々青空も顔を出す天気でした。

橋の上で鳥さんを探していましたが橋から雪が落下するので退避した場所から
橋を見る
寒けりゃ凍り付いて落ちてこないのに設計が悪い?円柱でつないでいるところからぼたぼたと落下!安心して撮影なんて出来ません。
結構な大きさで落ちてきますから中央だと危ない。
暖かさは橋の上の雪が融けていることで想像してください。

ブサ子の尾羽が生えかわり始めました。短い尻尾が少し顔を出し始めましたよ。
詳細は明日にでも掲載出来るかな。

FujiGW690 EBC-FUJINON 90/f3.5 T-MAX100 T-max20℃8分

偶には中判も

中々出番も無いですが偶には使っていますというところを。(笑)

私が子供のころ、毎日眺めていた風景です。
故郷の山
この時期だと川が雪で埋まるので学校へスキー通学でした。半世紀以上前の話しです。(笑)

帰りはこの山を見ながら
冬の樺戸
今は道路の除雪が行き届いてますから車で入れますが、当時は馬橇・徒歩しか選択肢がありませんでした。
吹雪くと「八甲田山死の彷徨」みたいなものでしたが、年長の先輩をリーダーに集団下校でした。

GWを持つと何故か撮りたくなるカットです。2月の撮影ですが現像したのはつい先日。(-_-;)
TC-1の現像と合わせてやりました。

FujiGW690 EBC-FUJINON 90/f3.5 T-MAX100 T-max20℃8分
プロフィール

JFC最果てのペトリ支部長

Author:JFC最果てのペトリ支部長
銀塩をこよなく愛す、時々デジもあり。
最近は鳥をメインにデジイチで。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード