雪こそ降らないけど寒い!

昨日まで滞在した十勝は雪でした。こちらは氷雨で済みましたが今もシトシトと。
気温も10℃ほど下回り雨が雪に変わってもおかしくないほどです。

そんな中、庭木を訪問したのがこいつシメです
シメ1
全体で5羽ほどでしたが写真を撮らせてくれたのはこいつだけ。
渡って来たのかとも思いましたが、2月に庭で撮ってました。

2月のシメ
シメ
こちらは嘴が黄色なので幼鳥。

明日は宮島沼でマガンの計数会があります。
来週末辺りから北帰行が始まりそうです。

今日の収穫

明日は雪になりそうなので今日はゆっくり時間をかけて鳥探し。
曇り空なので露出補正も余り意識しないで済む。

今年初めてのマガン
IMGP1818.jpg
これで全部でしたからまだ本格的な渡りはまだですね。

何時もの沼に居ないと思ったら
IMGP1824.jpg

私を怪しいと思ったか
IMGP1827.jpg
身体が安定したら確り見られた。
慣れてはくれないだろうなぁ。

木枯し紋次郎?(タムロンA022)
3J7A0012_20170321172743710.jpg
オジロが撮れたので気を良くして農道を走っていたら田圃に。
コハクチョウですが稲の根を食べてるようです。
紋次郎は右側ね!

今日は雨!

朝から南風と一緒に雨、時々は止むものの強風で鳥さんは朝来たカラスだけ。
気温が高い+雨ですから昨日の積雪分は一気に無くなりました。
かなり長く生きてきましたがこの時期に雨は記憶にありません。
今は湿った雪に変わりましたが今夜から明日は天気が荒れそうです。

昨日撮ったジョウビタキ(AF-BORG71FL)
Borgジョウビタキ
BORGの方が出来は良さそうな気がします。
タムロンで開放だとここまで出ないよな気がします。
明日天気が回復したら友人から亜哉さんと同じレンズを借りてこよう。


今年の鳥さんから(初夏から夏編)

ようやく今年の鳥さんの整理が終わりました。大したものがないなぁと溜息が出ます。
撮影場所を少し広げたくらいですから鳥の種類が増える訳でもないのは当たり前か!
来年は遠征を考えましょうか。

初夏(春か!)の東明公園で
アオサギの巣
アオサギの巣作りは4月から始めますがこの時期(5月中旬)は卵を抱いてる時期かな。

ヒナが混じってるのかは判りませんが7月下旬のカイツブリの沼で
あおさぎ
単独で見かけることが殆どですが3羽いました。大きさが余り変わりませんから成鳥ばかりかも?
定点観測をしなかったからなぁ。(-_-;)

この時カイツブリの沼では
飛行練習
飛行練習を始めたヒナがいました。

結果はこうなりました
あえなく着水
あえなく着水。
ヒナの巣立ちを見られなかったのは残念、この後再度ヒナを見ることになるとは。
この沼で2度子育てをするようです。

番外
外出しますから珍しいモノを見る機会もある訳で。
札幌から大樹町へ向かう飛行船(K3+DA60-250)
飛行船
大樹にある航空施設で滞空検査を受けるためだったようです。

その一か月後(K5ⅡS+AF-BORG)
飛行船2
係留場所へ向かう姿を撮影。
2度とも追っかけをしましたが車より早い!次に会ったら追っかけはやりません。(笑)

今年の鳥さんから(早春編)

鳥も今は端境期?今年撮った鳥の整理を始めました。
今年は市内から周辺の沼まで撮影地を広げたお蔭で早く水面が開く沼を見つけました。
その中でこの沼は水鳥も多いのが特徴です。最も夏場はカルガモくらいしかいませんけどね。
その中から(春に掲載してるのもあるかも)

変身したミコアイサ♂
ミコアイサ
パンダ模様になっています。秋の姿とは全く変わります。

ヒシクイ
ヒシクイ
頭部の特徴からオオヒシクイのようです。

カワウ
飛ぶカワウ
カワウは北限が下北半島とされてきましたがこの辺りでも時々見かけるようになっています。
番いの姿を見たことが無いので繁殖はあるのかなぁ。迷い鳥かも知れません。

割愛しましたが他に白鳥・他のカモ類なども一時だけですが羽根を休めていきます。
当然それを狙う猛禽類もね。

約1000mm相当でこの大きさです。(ノートリで掲載)
プロフィール

JFC最果てのペトリ支部長

Author:JFC最果てのペトリ支部長
銀塩をこよなく愛す、時々デジもあり。
最近は鳥をメインにデジイチで。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード